ゲーム

はてなブックマーク
2021.02.19

 

 

みなさんこんにちは、MENSFEELの岩崎です。

 

皆さんはゲームとかしますか?

 

 

剣や斧で敵を切り倒すアクション系、

 

マシンガンやスナイパーで狙うシューティング系、

 

サッカーやバスケなどのスポーツ系

 

 

 

なんでもやります。

 

 

 

僕は今でもハマるゲームが見つかると休日前は気絶するまでやります。

 

 

本当に自然と意識が落ちるまでコントローラーを握りしめ朝目が覚めると、

 

ソファー寝落ち特有の疲労を少しだけ悔やみつつ、またゲームを始めるほどです。

 

 

少年だった頃のゲームに対する情熱はそのまま大人になってしまいました。

 

 

 

僕の情熱はそのままですが、ゲームの進化は著しいですね。

 

 

新しいコンソールが出るたびに、

 

「えっ、ほぼ現実やん。」

 

と言っている気がします。

 

 

 

アプリゲームの台頭とともにゲーム人口も増えてきて、

 

背中を押すようにeスポーツという言葉が世に浸透しました。

 

 

ゲームで飯を食う。

 

という地球上の子供の夢が叶った瞬間ですね。

 

 

 

大人が本気になるほど最近のゲームは本当によく出来ています。

 

 

ドット絵を攻略するだけの”遊び”だったゲームは過去。

 

自由度が高く、同じゲームでもキャラクターの見た目やスキルが違ってくるゲームが増えてきました。

 

 

これはゲームの中に”個性”があるということなのです!!

 

 

 

性別や年齢が違うように、プレイヤーらしさが出る。

 

これはゲームのイメージや価値を大きく押しあげることだと思います。

 

 

僕が気絶するまでハマったゲームに

 

”Red Dead Redemption 2”

 

というゲームがあります。

 

 

西部劇のようなシューティングゲームなのですが、

 

NPCと呼ばれるゲームの中の住人がスゴいんです。

 

 

 

銃を持っているかホルスターにしまっているかで対応が変わったり、

 

一般人を撃つと家族が報復にきたり、

 

風呂に入っていないと清潔面で文句を言われたり、、、

 

 

まるで人間のように振る舞う姿はゲームであることを忘れさせます。

 

 

 

普段は美容師として生活している僕ですが、

 

家に帰ればもう一つの世界で、

 

あるいはもう一人の僕として世界の平和を守っているわけです。

 

 

 

映画やドラマを見て感動する理由の根底は、

 

自分ではない人の意見や体験を共有するからだと思っています。

 

 

ゲームはその感動をプレイの中でより近く感じることができます。

 

 

外出もなかなか楽しめない昨今、

 

ゲームの世界にどっぷり浸かるのもいいかもしれませんね。

 

 

 

、、、、皆さんは気絶する前にベットにいきましょうね。

 

 

 

 

 

一覧 TOP
WEB 予約
TEL06-6335-9536